倉庫

トランクルームなど倉庫環境は管理体制の良し悪しで変わる

倉庫での流れ

シャッター

トランクルームなどの倉庫というのは、様々なシーンで利用されています。ただ、倉庫というと、どうしても環境が行き届いていないところにあり、特に管理をされていない…といったイメージが多いです。しかし、近年の倉庫というのは管理が行き届いていますので、品質を保つことが可能です。倉庫管理業務では、主にメーカーで作られました製品の入荷作業、製品の入庫作業、製品の保管、製品の出庫作業、製品の出荷作業が行われます。流れとしては、まずメーカーで作られました製品が運ばれ、入荷検査資格を持ちました担当者が製品と伝票を照合して製品名と数量のチェックを行います。そして照合確認と同時に製品の外観に異常がないか目視による外観チェックも行います。そして問題が無ければ次に棚に入庫して保管します。どの棚に保管するかはコンピューターで棚の空き状況がわかりますので、コンピューターで確認して棚に入庫し保管されます。

保管されました製品は顧客納期が来るまで棚で保管され、納期が来ますとコンピューターから自動的に出庫指示書が出力され、その出庫指示書をもとに棚から製品を出します。そして出庫しました製品は顧客届け先別に梱包して出荷されます。この出荷作業の時にも入荷作業と同じ検査資格のあります担当者が製品と伝票を照合して、製品名と数量をチェックして輸送業者に渡し、最終的に輸送業者が顧客のところまで配達します。以上このような流れで当社では倉庫管理業務を行っていますが、最初と最後の作業になります入荷業務と出荷業務は、必ず検査資格のある作業者が行わなければなりません。この検査資格は会社で定められました規定により受けることが出来ます。